メール必勝法テクニック

女の子とメール(コンピューターのネットワークを利用して、メッセージを交換する通信手段の一種です)する上で役立つ必勝テクニックについて紹介します。このテクニックが習得できれば、恋愛メール(パソコンだけでなく、携帯電話でもやりとりができますね)術は完璧です。

ここでは、心理学を使った携帯恋愛(親子、恋人、友人、色々な形がありますね)メール術の有効に使う手法を紹介しましょう。心理学っていえねさまざまな法則がありますが、今日使う手法は『フット・イン・ザ・フェイス』は逆に、最初に受け入れがたい大きなお願いをします。何回も断り続けると申し訳ないという相手の心持ちを上手くついた法則ですね。双方とも、実際のお願いをいきなりするよりも、承諾率が高くなる事が心理学的に証明されています。

それで、恋愛メールでどう使うかというと、なかなかデートの誘いに応じてくれない相手などに使ってみて下さい。双方とも2段階に分けて要望を行い、2回目の時に本命のお願いをします。1回、その人からのお願いを聞いているので、次のお願いも受け入れやすくなるという訳です。

『ドア・イン・ザ・ドア』というのは、まず最初に比較的受け入れやすい簡単なお願いを相手にします。OKがもらえたら、もう幾分大きなお願い(実際のお願い)をします。

『フット・イン・ザ・ドア』『ドア・イン・ザ・フェイス』という法則を使ったなのです。結構評判な心理学の法則なので、聞いたことがあるという人も多いんじゃないでしょうか。

仲間や友人を増やすにはコミュニケーション

来週、総務部長と他のスタッフと、私たちの営業部のスタッフで食事会に行くことになった。相手のメンバーは、4名、こちらも4名。向こうの総務部長は、かなり知られている人らしい。どうも、豪快な人で、ある人が言うには「パワハラの権化みたいな人」とのこと。

今の時代、実際にパワハラを行っているわけではないだろうが、そのような感じの人というのは分かる。また、他の人からも、「そんな飲み会行ってもおもしろくないよ」とか、「総務部長のこと知らないの?やばいよー」とか言われた。

でも、私は、来週のその食事会、結構楽しみにしている。理由は、みんなが恐れている、その総務部長とはどのくらいのひとなのか、近くで見てみたいからだ。私の今までの経験(子どもには色々なことをさせた方がいいといいますが、それも程度問題かもしれません)では、みんなに恐れられている人に限って、けっこう優しかったり、それほどでもなかったり行う場合が多い。

どうも、私自身、結構変わった人がすきなのかもしれない。私が思うに、自分が心を許せる仲間や友達を作るためには、ますます、自ら初めての人とコミュニケーションをとっていくのが一番だ。

女心を理解するにはどうしたらいい?

女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)に好かれるには女心を理解する必要があります。

しかし、男性と女性では、考え方が違うので、なかなか理解するのは難しいでしょう。

では、どうすれば女心を理解できるのでしょうか?

女心を理解するには、以下のようなことがポイントになります。

・女性と積極的に接する
・言動と気持ち(自分のだけを優先していると自己中だといわれてしまうことでしょう)が違うことを理解する
・ちょっとした変化を見逃さない

女心を理解したい場合、一番いいのは女性と積極的に接することによりす。

色々な女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)と実際に接して、女性(戦後強くなったなんていわれますが、逆に男性が弱くなったのかもしれません)とはどの程度の生き物なのか知ることが、女心を理解する近道ではないでしょうか。

そして、女性は言動と気持ち(その時々で変化していくものです)が違うことがあります。

女性が言っていることをストレート(野球の球種の一つです。いかに速球を投げられるかがポイントになるでしょう)に受け止めてしまうというのは危険です。

実際は違うことを思っているかもしれないので、本当にその言葉が本音(ほとんどの人が実際にいうことと内心思っていることは畭なっていることが多いでしょう)なのかしっかりと考えてください。

これも女心を理解するためには重要なと言うことです。

また、女心を理解してたいなら、女性のちょっとした変化を見逃さないようにするのです。

激安ブランド

激安ブランド、今やすっかり定着したこの文句が大好きな激安ブランドマニアの女性も多いと言います。近頃は、激安ブランド市場なんていうのもあって、大人気ですよね。嘗ては高嶺の花だったブランド品が、安価に購入出来るようになったのは、やはりインターネットの浸透が大きいと言わざるを得ないのではないでしょうか。

激安ブランドをゲットするにはネットを使うしかないって言い切る人も少なくないですよね。これはいくらなんでも酷いだろうって思う物もあります。

何だか近頃の激安ブランド市場は、ある意味、何でもありっていう感じがしないでもないんですよね。でも、そもそも激安ブランドの基準って、一体何を持ってして決めているんでしょうね。まあ決めているという言い方自体おかしいかも知れませんが、どう見ても、価格だけではないような気がします。

激安ブランドという位ですから、当然価格重視である事は確かなんだろうけど、皆のリーズナブルな製品がそうなのかと言うと、それはちょっと違うと思うんですよね。




激安ブランド市場で激安ブランドを入手する事は安易な事だと思います。ただ、実際に価値ある激安ブランドをゲットするのは、案外難しいのではないでしょうか。特に通販の場合は、実際に製品を手にして、自身の目で細かくチェックする事が出来ませんから、売る側と買う側、両方の信頼度が物を言うと思うんですよね。その点、実店舗やイベント会場などで開かれる激安ブランドの販売は、ある加減吟味出来るじゃないですか。

ネットほど安くはないかも知れないけど、失敗は少ないのではないかと思います。女友達に言わせると、昨今すっかり定着したフリーマーケット、これが意外と激安ブランド探しの穴場だったりもするそうですね。

中には、それが一流ブランドの製品だと知らずに、とんでもない価格で売ってくれる、僕のようなブランド音痴のおじさんとかもいるらしいですよ。ただし、超激安ブランドと称して、コピーまがいの製品を売っているプロの売り手もいるらしいから、要注意は要注意みたいですけどね。




激安ブランド、魅力的な文句だけど、ブランド音痴の僕が、実際の激安ブランドを手に入れるのは、無理なのかも・・・。実は、もうすぐやって来る記念すべき妻の40歳の誕生日プレゼントを買いたくて、激安ブランドを探すよりも、もともとお手頃価格のブランド品でも、バッグや財布の方が喜ぶでしょうね。会社の後輩の女の子たちは、激安ブランドのバッグじゃなくて、そういう小物をプレゼントするっていう事。でも、やっぱり妻は、どうせならバッグや財布や靴に比べて、ハンカチとかスカーフは随分安いじゃないですか。
だから、激安ブランドという文句に生まれて初めて関心を持ったんですけどね。勿論、高価な物は買って上げられないけど、余りにも安いブランド品も怖くて買えない。だったら、無理して激安ブランドをキーワードに検索したブログやサイトを読んでみたらどうかって言います。そこで早速、生まれて初めてファッション関連のブログやサイトを覗いてみました。まあ、まだじっくり勉学する必需はありそうだけど、激安ブランドで悩むアラフォー男の助け船にはなってくれそうです。

車で送ってあげるといい?

男性が女性の友達を作る際、車を持っているというのはポイントが高いです。女性は男性ほど、自分の車を持っている人は多くはないですよね。そのため、車を持っている男性というのは、色々な意味で重宝なのです。車があれば簡単に荷物が運べたり、天気が悪いときの外出も容易になるし、遠出も簡単にできます。

男性も、とりあえず多くの女性と友人になりたいといった場合、自分の車を持ち、ある意味「便利屋」になれば、女性から声がかかることも多くなるでしょう。その中から、気の合う女性(ならではの視点が重宝されることもある反面、振り回されてしまうこともあるかもしれませんね)の友達もできることでしょう。そして、何といっても車があれば、デートはもちろん、会合や用事などで遅くなったときに送ってあげることが出来るはずです。

夜遅くなったときに車で送ってもらえると言うものは、女性にとって、非常にありがたいことです。それがきっかけとなって友達になれるケースもあるかもしれませんね。とはいうものの、どのくらいのときでも車で送って良いのかというと、そうではありません。車で送るには、それが自然であることが大事です。たとえば、お互いの家が同じ方向に存在しているとか、終電に間に合わなかったとか、女性が歩いて帰るには暗い道が多いとか。こういった場合は、車で送ることを申し出れば、女性も助かるし、感謝されるのは間違いないとなるんです。

しかし、終電までまだまだ時間があるような場合や、女性の家が近くにある場合などは、逆に誤解を招くことがあります。車というのは密室で、女性にとっては、ある意味用心しなければならないところでもあるでしょう。そのため、TPO(Time、Place、Occasionの頭文字をとって作られた和製英語だそうです)をかんがえて上手く使用する事が、女性(いくつまでが女子なのかというツッコミもありつつ、女子会や女子力なんて言葉もよく使われます)の友人を作るコツといえるでしょう。
あいうえお経済